HOME > 風呂敷講座・包み方 > 風呂敷を贈る

風呂敷を贈る

風呂敷は、贈答品を持参する時に包む物として使われるばかりでは無く、風呂敷それ自体が贈り物として用いられてきました。
風呂敷は、「2人を結ぶ」「幸せを包む」「お付き合いを広げる」といった験(げん)担ぎから、結納や婚礼と云ったハレの日の贈答品として喜ばれます。小風呂敷はハンカチ替わりに転勤のご挨拶に。ちりめん風呂敷は結婚の近所への挨拶の品として、さまざまな場面で使われます。  



 日本各地には風呂敷を贈る風習もあります。主に結納や婚礼の時に贈られることが多いようです。
愛知の「名披露目」・長野の「風呂敷入れ」・新潟の「松の葉」、岡山の「流し風呂敷」など。京都にも手土産を持っていく時に「風呂敷代わりに」といった言葉があります。  
(同じ県や地方でも、地域によって、また時代によって風習や呼び方が変わります。詳しくは現地の結納店やギフト店等でお伺い下さい)

また、軽くてかさばらない風呂敷は、外国へのお土産にされる方もあります。主に包むと云うより浮世絵柄や日本の古典柄など、柄を楽しんで頂くことが多いようです。しかしながら、最近では日本文化に興味を示される海外の方も増え、風呂敷の認知度は上がってきました。風呂敷バッグ等にも興味を示して頂き、贈答品としても以前にも増して喜ばれるようになってきています。

浮世絵風呂敷 タペ棒付


 風呂敷は、それ自体でエコであったり思いやりの気持ちといったメッセージを含んでいますが、それなりの大きさの一枚の布である風呂敷は、他の商品より比較的文字や絵などを多く入れることが出来、贈る側の想いをより伝えるることが出来ます。そこで風呂敷に名入れをしたり、オリジナル風呂敷を誂えて、記念品としてもよく使われます。

オリジナル風呂敷 文字・絵 入れ込み可

 




昔は、贈る品を風呂敷で包んで持参し、お品物を渡した後、風呂敷は持ち帰るのが常でした。しかしながら昨今は、風呂敷も含めて差し上げられることも増えてきました。バレンタインなど風呂敷でラッピングして友チョコを贈ったり、お呼ばれの時お酒を包んで持って行き、その場で開いてテーブルクロスにしりと、演出のアイテムとしてもお使い頂いています。


コトノワ ギフト