HOME > 製品のご案内 > 手ぬぐい

手ぬぐい

  • 古都乃葉手ぬぐい タコ柄
  • 古都乃葉手ぬぐい シードラゴン柄
  • 上棟手ぬぐい
  • 別注 踊り手ぬぐい
  • 手ぬぐい

近年人気の高い日本手拭も賜っております。手拭は、元来汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり、入浴時に体を洗ったりするための木綿の平織りの布で、日本のタオルです。
手拭は祭礼において頭に巻いたりもします。芸能の落語では手拭を色々なものに見立てて小道具としても使われたり、剣道では手拭を頭に巻いてから面を付けたりと様々な場面で使われています。

手拭の染色方法

注染

小巾の無地の反物生地に染料を注いで染め上げます。
防染糊を置いて違う色の染料が混ざらないように染め上げます。裏まで色に染まり味わいの有る染色方法です。
糊を置くのであまり細かいデザインには出来ません。

友禅染

染料で染める片面プリント。顔料より柔らかい風合いに仕上がります。

顔料染

顔料で染める片面プリント。細かい線が出せます。ベタが多いとやや硬い目に仕上がります。

手拭の生地

文(生地巾:約33cm)

太めの糸でやや目の粗い生地。

岡(生地巾:約34cm)

細めの糸で目の細かい生地。

特岡(生地巾:約34cm)

細めの糸で岡より目が細かい生地。上質な感じ。

※別注手拭も承ります。

京都いーふろしきや