HOME > 企業情報

企業情報

丸和商業の会社概要、沿革、アクセスマップ等の情報です。

ご挨拶

丸和商業は、「風呂敷は心を包む道具」と考え、風呂敷専業の会社として全国のお客様に卸販売してまいりました。風呂敷は本来包みたいものがあり、それを包むためのものです。日本人は風呂敷で包むことで包むものに心を込めてきました。物を布で包み、運ぶ行為は世界中にありました。しかしそこに心を込めるのは日本人の文化であるため、海外の多くの地域で無くなってゆく中、日本では風呂敷という形で残っているのです。日本人が古来より連綿と受け継いできたこの文化は無くしてはいけない文化だと思います。人と人との関わりがあるからこそ風呂敷を使うのです。自分だけでない、相手を思いやる心があるところで風呂敷は使われます。今ただ単に風呂敷を守るというだけでなく、コミュニケーションの形が変わってきた今このような時代であるからこそ、心を大切にするものとして、風呂敷を使う意味と、そのスピリットを守り続けて行きたいと思っています。

丸和商業 代表取締役  

代表取締役 林 利治

ミッション

思いやりの気持ちを持ち、互いの絆を深め、心豊な生活を送り、次世代にも繋がる住みよい社会に向けて、「人の心を伝えるお手伝い」をするための事業を行い、社会に貢献する。

ビジョン

お客様に満足して頂けるような風呂敷スピリットを根幹とした商品・サービスを提供して行きます。

丸和が考える風呂敷スピリットの三要素
  「結ぶ」 「守る」 「伝える」

伝統をそのまま継承するばかりではなく、現代のライフスタイルにマッチした商品をタイムリーに発表します。
信用を裏切らず、安心してお使い頂けるよう日々努力し続けます。

 

丸和のこだわり

1. 基本的な考え方

① 思いやりの心と振る舞いを
② 明るく挨拶・返事を
③ 誠実と不断の努力で信用力向上を
④ 社員の幸福と共に社業の発展を
⑤ 年齢・性別にかかわらず、社員全員が能力を出し合い長く働ける職場に
⑥ きっちり利益を出して夢と希望の実現を
⑦ 準備を怠らない
⑧ 後始末をきっちりやる

会社概要

商号 丸和商業株式会社
代表者 代表取締役 林 利治
資本金 1,000万円
創業 昭和24年
業務内容 ふろしき・ふくさ・のれん・染物・製造卸販売
本社所在地 〒604-8811京都市中京区壬生賀陽御所町18番地の3
Tel:075-801-0536 Fax:075-811-7247
社員数 6名(男性3名・女性3名)
取引銀行 滋賀銀行  京都支店
三菱UFJ銀行 京都支店

沿革

昭和24年4月 京都市下京区油小路通高辻上るに丸和産業㈱設立
資本金 100万円
代表者 辻一太郎
昭和25年3月 京都市中京区猪熊通四条上るに移転
昭和32年7月 丸和商業(株)設立
昭和50年 代表取締役 林利夫に交代
昭和62年6月 資本金800万円に増資
平成7年 資本金1,000万円に増資
平成9年9月 京都市中京区壬生賀陽御所町18番地の3に移転
平成18年 代表取締役 林利治に交代
平成23年3月 (株)マルタカ 及び 西川(株) より事業継承

事業所紹介・アクセス

  • 阪急電鉄京都線 大宮駅から南西へ徒歩5分

  • 京福電気鉄道嵐山線 四条大宮駅から南西へ徒歩5分

丸和商業株式会社

〒604-8811
京都市中京区壬生賀陽御所町18番地の3 綾小路通大宮西入ル
Tel: 075-801-0536
Fax: 075-811-7247
E-mail: mail
休日:  土・日・祝日、正月休み、お盆休み
営業時間:  午前9時~午後5時

はるくるみページへ