1. 京都の風呂敷(ふろしき)専門店 製造・卸販売 丸和商業株式会社
  2. 風呂敷のいろいろ

風呂敷のいろいろ

VARIOUS

風呂敷の柄・デザインについて

あわじ結び柄ふろしき

風呂敷は四角い布で、単純なだけにデザイン、配色、構図により商品価値が大きく左右されます。
風呂敷の柄は使うときの形態の美的効果を考慮し、配置や向き、余白の取り方には趣向が凝らされています。"包み結ぶ"、"広げて柄を見せる"など、風呂敷の柄は、物を包んで見るときと広げてみる時とでは趣が変わります。包む物の形でも違います。風呂敷のデザインは単純に見えて奥が深いものです。風呂敷をお求めになる時は使う状態をイメージしてふろしきの柄を選んでください。
もしオリジナル風呂敷をデザインすされるのであれば、包んだ時のことを少し思い描いてみては如何でしょうか。

風呂敷のサイズ・素材について

風呂敷の素材・サイズ

風呂敷をお使いになる時、またオリジナル風呂敷の制作の時にご参考にしてくださいませ。
こちらのページでは、当社が従来から取り扱っている一般的な風呂敷のサイズや素材について説明いたします。

風呂敷・ふくさの名入れについて

風呂敷・ふくさの名入れ

風呂敷やふくさに、名入れ(印入れ)を承っております。少量でも必要な枚数だけ名入れ(印入れ)ができますので、記念品や引き出物によくご利用頂いております。
記念品として「●●記念」や「祝●●」と入れたり、商品名(企業名)やロゴマークを入れてオリジナルのラッピング用風呂敷としてよく使われる『記念品名入れ』と、個々人の持ちモノとして識別できるようにお名前(おもに苗字。女性の場合、下のお名前を入れられることも多い)を入れる『個人名入れ(個人ネーム入れ)』があります。個人名入れは、引き出物などの贈答品としても喜ばれています。

風呂敷のオリジナルオーダーについて

風呂敷オリジナルオーダー

OEMや記念品などお客様のご依頼によるオリジナルオーダー(オリジナル風呂敷の制作)や、既存の風呂敷に、名入れ(印入れ)を承っております。(納入事例も合わせてご確認ください。)
このページでは、オリジナル風呂敷制作の流れについてご説明させていただきます。