HOME > 製品のご案内 > 正絹風呂敷

正絹風呂敷

しぼの入ったちりめんや婚礼で使う白山紬(はくさんつむぎ)など、正絹風呂敷には上品な光沢があります。結納の時や嫁ぐ時のお道具として誂えられたり、お中元・お歳暮を持参するなど、正式な儀礼やあらたまった時に使用します。また、叙勲受章の記念品や引き出物の品に使われることもあります。こちらでは、正絹風呂敷の染め方ごとに特徴や用途などをご説明いたします。
※絹はその使われている量(目付)で価格が異なります。詳しくはお問い合わせください。

正絹ちりめん友仙風呂敷
正絹ちりめん友仙風呂敷 鳳凰
正絹ちりめん友仙風呂敷は、生糸(きいと)を整理して一反づつ丁寧に織られ、品質にも大変優れた生地です。
なめらかな手触りと、光沢、やわらなか風合い、上品な図柄は正絹にしか出せない味があります。 フォーマルな場面でぜひ使いたい風呂敷です。あらゆるシーンに合わせた柄で、包む人の思いを伝えます。
 
特徴 ・生糸を整理し、一反づつ丁寧に織る高品質な生地
おすすめの用途
・お嫁入りの時の持参品(昔からの風習です)
正絹無地風呂敷
正絹無地風呂敷 花鳥風月より
正式な贈り物をする時用に、一枚は持っておきたいのが正絹無地風呂敷です。お祝いや仏事以外にも幅広く使用できる風呂敷で、名入れすることで一層価値が上がります。また、紫色の正絹無地風呂敷なら、慶弔問わず無難に使えて大変便利です。
 
特徴 ・お祝い・仏事以外に幅広く使用できる
・名入れすることで価値が上がる
おすすめの用途
・中巾(ちゅうはば)は、金封を包み、祝・仏事に
・二四巾(にしはば)以上は、結納の広蓋の中包みに
正絹引染風呂敷
正絹ちりめん引染風呂敷 若松
正絹引染風呂敷は、全て手作業のため一反から染めることができます。職人が一枚一枚、感覚で手ハケを引いて染めるので、職人によって微妙に染め上がりが違い、それが正絹引染風呂敷の魅力にもなっています。
多品種少量生産に適し、オリジナル性の高い”高付加価値商品”を創ることができます。
 
特徴 ・一枚一枚が手染で、微妙に染め上がりが違う
・多品種少量生産に適している
おすすめの用途
・相手様のお名前を入れてお返しに
京都いーふろしきや